浜松いなさジャンクション(浜松市)―豊田東ジャンクション(豊田市)間、55km区間が2016年2月に開通されるとのニュースです。

むかーし、住んでいた近くだったので、気になってしまいました。

ちなみに、新東名高速道路は2012年に御殿場(御殿場市)―三ケ日(浜松市)間162km区間で開通された高速道路です。

既存の東名高速道路に平行するように建設されており、渋滞緩和により一般利用客はもちろん、物流面や安全面でも向上が期待されていました。

実際に、新東名高速開通により、この区間の渋滞は激減しています。実際に、道も広くて、綺麗で走りやすいです。

そんなこんなで、今回の浜松いなさ-豊田東間の開通も渋滞緩和が非常に期待されているところです。もともと、予定から1年以上遅れていた話なだけにユーザー側にはうれしいニュースです。

でも、実はこれで新東名高速道路は完成ではありません。

新東名高速道路には、さらに拡張計画があります

海老名南(海老名市)―御殿場(御殿場市)間53km区間が20年を目途に完成する計画です。これで、新東名高速道路が完成となるわけです。

建設主である中日本高速道路にはまだ名神などの建設予定も控えており、今後、関西、中部、関東の3拠点の連携は益々深まっていきそうです( ゚Д゚)

トレンド

ちなみに、すごーーく余談ですが、グーグルトレンドで1位になってました。

バナナマンに勝ってます!!

すごいのか良く分かりませんが、新東名高速道路開通で便利になるのはいいことです。

 

スポンサードリンク